キャッシングの「審査不要」は危険大!

キャッシングのきっかけは飲み会を断れなかったことという些細なこと

 

最初は飲み会に参加するお金が足らなくて、でも飲み会を断れなくてどうしようかって思ってた時に、給料の前借りという感覚でキャッシングを使いました。
で、次の給料日にはちゃんと返したんです。
しかし、今度は車の車検が来て交換する部品が結構あって予想以上に車検にお金がかかっちゃったので、またアコムのお世話になりました。

 

そして、次の給料で返済をするんですが、たびたび足らないことがあるとキャッシングを使って凌いでいくうちに、返済ができなくなりそうになってしまいました。

 

返済できないと、また次に困った時に借りれなくなってしまうので、何とかしなければと思い、別の会社で借金をして返済をすることにしたんです。

 

それからはあれよあれよというまに、借金が膨らんでいってしまいました。
もっと早く気づいて節約して浪費癖を直せばよかったと後悔をしています。
今はなんとかボーナスをもらった時に返すようにして、借金を減らすようにしていますが、道のりはまだ長そうです。

できるだけ控えたい借金

 

私が抱えている借金は、キャッシングを利用したことによって生じたものです。お金が無い時にどうしてもすぐに必要だったことから、キャッシングで借りました。

 

困った時にすぐお金を借りることができるのはとても便利なことです。しかしこれに甘えてしまうと、当たり前になってしまうような気がしています。ですからできるだけ控えたいと思っています。

 

しかし現実を見ると、生活は決して楽ではありません。削れる部分は削っていますので、節約についてもきちんと考えているつもりです。そうなると純粋に収入が少ないことになります。

 

収入を増やすには転職か副業をするしかありません。ですから転職活動を行っているところです。今後は借金をせずに済むような収入の仕事に就きたいです。

消費者金融からの借金など

借金をすると金利が掛かってしまいます。
銀行は金利が安いために最初にお金を借り入れるならば銀行で借りるのがお勧めです。
銀行とはいえ金利が各銀行それぞれ異なったり、専業主婦は利用できる、利用できない、と違いがあるので下調べをしましょう。
銀行ではお金を借入できない人が消費者金融で借入をします。
銀行は貸付条件が厳しく、返済能力が無いと見なした人物にはお金を貸してくれないのです。
しかし、消費者金融は銀行よりかはいくらか審査が緩くなっているために、銀行の審査に落ちた人でも貸して貰える事があるのです。
消費者金融は銀行よりも金利が高いのですが、借りすぎなければ大変な事もありません。
消費者金融も各社金利が異なるのでレイク、借り方のコツ - 本人確認の方法要チェックですね。

転職してキャッシングを頼っています。

転職して給料がさがってしまいました。
しばらくはどうにかやりくりを頑張っていましたが貯金も少なくなっていきとても心細いです。
いっそのこと、副業でアルバイトもしたほうがいいのかなと迷います。
とりあえずキャッシングを使って何とかしてます。
お金を借りる2014.com
審査が通った時はほっとしました。
コンビニで利用することもできるし、思ったよりも使いやすかったです。

毎月キャッシングを使わないですむように頑張ろうとしているのですが、やっぱりキャッシングを使うことになってしまいます。
節約をするのも限界があるので、収入を増やすことに努力した方が早いのかもしれません。

無理なくできる副業をさがしていますが、なかなか難しそうです。
私は体力がないので、アルバイトを掛け持ちしたりすることに自信がありません。

どうしてこんなにお金がかかるのだろうと悩んでいます。
以前働いていた時の給料の水準の生活がなかなか抜けきれていないのかもしれません。


一人暮らしを続けることも大変だなと思います。

キャッシング審査が通りやすいポイント

とても興味深い話を聞きました。金融機関の審査が通りやすいポイントがあるとかないとか。これはあくまでも噂
なので話半分に聞いてください。金融機関も会社としてノルマといのが存在します。そのノルマに焦っている月末
が比較的審査が甘く通りやすいといわれています。そんなので通るなんてってかんじですよね。検証したわけでも
なく、今そういう話があがってきているので記載させてもらいました。もし審査が通らずにどこからも融資して
もらえない状況にある人、闇金じゃないキャッシング会社で月末ねらい目で審査をしてみてはいかがでしょうか。
もし通ったらラッキーです。あと確実なのは金利の高い会社、中小企業でもこういうところだと審査は通りやすい
です。誇大広告で審査不要と書いてあるようなところは闇金の可能性が非常に高いので注意してください。

欲しい物を購入するための借金について

 借金をしてまで物を購入するということは、それだけその物を欲していたという欲求の表れとは言えないでしょうか。借金をするということは、それだけ返済に苦しむ可能性があるということです。それは、借金をする前に重々承知していたことでしょうから、わかった上で借金をして購入したということになります。

 それは、自分がリスクを背負ってでもその物が欲しいと思った証拠ですので、それだけ熱意がこもった買い物だと言えます。それだけ熱意がこもっていれば、買った物をとても大事に扱うでしょうし、長く使えるように努力するはずです。

 ですから、借金をすることはすべてマイナスなことのようにとらえられていますが、欲しい物を購入するための借金は、その限りでないと私は思います。
モビット : 借り方のコツ - 本人確認の方法
オリックス銀行カードローン : 借り方のコツ / 本人確認の方法