キャッシングの「審査不要」は危険大!

投資にはまりお金に困り借入を

就職をして手取り20万円を貰うようになり、これからはお金に困る事は無いだろうと思っていました。
働くようになったため遊びに使う時間も無く、お金は貯まるばかりでした。
しかし、副業として気軽に儲けられればいい、と思い投資を始めたところ、はまってしまい今まで貯めた貯金がすっからかんとなり、お金を借りる事となりました。
今まで遊ばずに貯めてきたのに、全額を投資に溶かし、お金を借りるようになってしまい、色々と反省をしました。
お金を借りたことでこれからは安易に投資などしない、と心を入れ替える事ができました。
借りたお金は今では全額返しましたし、また貯金を始めています。
お金を借りる事には躊躇しましたが、結果オーライです。

欲しい物を購入するための借金について

 借金をしてまで物を購入するということは、それだけその物を欲していたという欲求の表れとは言えないでしょうか。借金をするということは、それだけ返済に苦しむ可能性があるということです。それは、借金をする前に重々承知していたことでしょうから、わかった上で借金をして購入したということになります。

 それは、自分がリスクを背負ってでもその物が欲しいと思った証拠ですので、それだけ熱意がこもった買い物だと言えます。それだけ熱意がこもっていれば、買った物をとても大事に扱うでしょうし、長く使えるように努力するはずです。

 ですから、借金をすることはすべてマイナスなことのようにとらえられていますが、欲しい物を購入するための借金は、その限りでないと私は思います。
モビット : 借り方のコツ - 本人確認の方法
オリックス銀行カードローン : 借り方のコツ / 本人確認の方法