キャッシングの「審査不要」は危険大!

私が頑なに借金をしない理由

 借金に関する考え方は人それぞれですが、私はなるべく借金はしないように気をつけています。たとえば、クレジットカードにキャッシング機能が付いていることは知っているのですが、クレジットカードを作成してからここ10年近く1度も使用したことはありません。なぜならば、それはキャッシングが借金だということを心得ているからです。

 

 それどころか、他人から借金をしたことが私はほとんどありません。ですから、貸すことはあっても借りることはないのです。

 

 なぜ私がそこまで頑なに借金を拒んでいるのかというと、若いころに1度だけした借金で人間関係を壊した経緯があるからです。そのときに感じた悲しさは今でも忘れませんので、戒めのために私は借金をしていないのです。

欲しい物を購入するための借金について

 借金をしてまで物を購入するということは、それだけその物を欲していたという欲求の表れとは言えないでしょうか。借金をするということは、それだけ返済に苦しむ可能性があるということです。それは、借金をする前に重々承知していたことでしょうから、わかった上で借金をして購入したということになります。

 それは、自分がリスクを背負ってでもその物が欲しいと思った証拠ですので、それだけ熱意がこもった買い物だと言えます。それだけ熱意がこもっていれば、買った物をとても大事に扱うでしょうし、長く使えるように努力するはずです。

 ですから、借金をすることはすべてマイナスなことのようにとらえられていますが、欲しい物を購入するための借金は、その限りでないと私は思います。
モビット : 借り方のコツ - 本人確認の方法
オリックス銀行カードローン : 借り方のコツ / 本人確認の方法